ピンボールSTとは?

上田 理久子

パートの主婦が神戸から
世(shi)界(jie)のフランチャイズをめざす

神戸リッコロッ:兵庫(ku)県

ライスコロッケ「リッコロッ」で、女性の働く場と日本のお米を守りたい

「リッコロッ」は、おにぎりのなかに特製カレールー、牛すじ煮、桜あんこだんごなどを入れて揚(yang)げた神戸発のライスコロッケ。米(mi)油で揚(yang)げているからカラッとして風味(wei)がいいと評判(pan)です。飲食店でパート勤めをしていた上田さんが、自分の店を持ちたいと思い始めたとき、「歳を重ねるごとに雇用の場(chang)が減(jian)る女性のために、働く場(chang)をつくりたい」と、フランチャイズに着目。そこで商品(pin)として考案したのが、ライスコの「リッコロッ」。手(shou)づくりの味(wei)で、食事にもおやつにも、おつまみにもなる気軽さが魅力(li)。また、日(ri)本人(ren)の主食であり、重要な農産物であるお米(mi)を使っている点もポイントです。

起業したときから、販(fan)路(lu)拡大のためにメディアを使(shi)っていきたいと考えていた上(shang)田さん。「イベントに参加して、デパートに出(chu)店(dian)して全国(guo)展開(kai)していく。その後セントラルキッチンを設け、フランチャイズ展開(kai)するという目標はいまも変わっていません」。LED応募時は関(guan)西圏だけの販(fan)路(lu)でしたが、現在では東京の新宿、銀座、日本(ben)橋などにあるデパートへの出(chu)店(dian)が実現。「小さなセントラルキッチンも設け、売上(shang)げも少(shao)しづつですが右肩上(shang)がりを続(xu)けています。でも、まだまだ。ヒット商品と言えるようになるまで、精力的に全国(guo)をまわりたい」。

「リッコロッ」を何歳になっても元(yuan)気(qi)で働(dong)ける職場にするという目(mu)標(biao)も変わっていません。「私(si)の考えるフランチャイズは、主力商品の力が弱いなら、収入源(yuan)となるリッコロッを一緒に販売(mai)してもいいというスタイル。そのためには、もっと売(mai)れるリッコロッにならなければと思っています」。最近では、アーティストや分野(ye)の異(yi)なる飲食(shi)販売(mai)店(dian)とチームをつくって企画・提案し、イベントや地(di)域活性化(hua)(hua)に参加しているとのこと。さらには、「お米が気(qi)軽(qing)に食(shi)べられるようにおやつ化(hua)(hua)したリッコロッを揚げている米油(you)は、風味の良さはもちろん、酸化(hua)(hua)しにくく栄(rong)養(yang)価の高(gao)い優れた油(you)。お米をもっと食(shi)べないと、農家(jia)がお米をつくらなくなるという危機(ji)感も訴えて、もっと広くおいしさを広めたい」というパワフルな上(shang)田さんです。

(先輩からのアドバイス)
ビジネスプラン発表では、無借金の健全性をアピールしたためか、金融関連企業様から手が挙がりませんでした。いまなら、「今後は融資を受けて事業を拡大したい」と言えますが(笑)。
サポートいただきたい企業様があるなら、的を定めたアピールも有効かもしれませんね。

戻(li)る