ピンボールSTとは?

南 育枝

日本(ben)にバストケアの習慣を作(zuo)り、心から輝く女(nv)性(xing)を増やしたい!

一般社団法人 日本バストケア協会:大(da)阪府(fu)

正しいバストケアを発信する「一般社団法人日本バストケア協会」を設立

外(wai)資系製薬会社の営業職だった南さんは、「人の身(shen)(shen)体を探究する側になりたい」と、下着(zhe)専(zhuan)門店に転職。下着(zhe)フィッターとして、のべ2000名以上の女性のバストとその悩みに向(xiang)き合います。そこで、下着(zhe)補正の限界を感じるとともに、骨(gu)格や血流、肌質を考(kao)慮したバストケアの可能性を確(que)信。独立後、大阪市内でバストケアと下着(zhe)の専(zhuan)門サロンを経営します。保(bao)湿(shi)クリームを塗ってほぐしプルプルの状態(tai)になったバストを閉じ込めると、その保(bao)湿(shi)力でブラジャーがピタッと止まる自身(shen)(shen)の経験から、オリジナルの「ビーブラクリーム」も開発。ブラジャーの選び方(fang)(fang)やつけ方(fang)(fang)、オリジナルクリームを使ったマッサージ方(fang)(fang)法を教えて欲しいという人が、全国から集(ji)まるようになりました。

2014年、ファイナリストに選出されたことをきっかけに、正(zheng)しいバストケア方法を日(ri)本中に発信する「一般社団(tuan)法人(ren)日(ri)本バストケア協会(hui)」を設立。「少しマッサージしたり、いつものブラジャーのつけ方を変えるだけの効(xiao)果的(de)なバストケア方法やバストアップの喜びを、一人(ren)でも多(duo)くの女性(xing)に知っていただきたいと思(si)って活動(dong)しています」と話す南(nan)さん。この仕事を技術職にしたいという思(si)いから、本協会(hui)ではバストケアアドバイザー®という資格(ge)を発行。一般女性(xing)向けのバストケアレッスンやケア商品(pin)の販売を通して正(zheng)しいバストケアを発信し、各(ge)地のバストに悩む女性(xing)の受け皿(min)となる仕事です。

現在のバストケアアドバイザー資(zi)格取(qu)得者は、南(nan)さんのほかに十数名。「日(ri)本(ben)にバストケアという美容習慣をつくる」を目(mu)標に、知識や体験をシェアするプロ集団にしたいため、やみくもに人を増やすことはしていません。「バストの健康とは何(he)か、そこにケアはどう結びつくのか。女(nv)性(xing)が女(nv)性(xing)のバストに触れ続(xu)ける組織(zhi)がないと本(ben)質的な研究は難しいと思う」という研究熱心な南(nan)さん。2017年の夏には、大(da)阪直営サロンをオープン。バストケアを通して、すべての女(nv)性(xing)が自信(xin)をもって笑顔あふれる毎日(ri)を過ごせることを望んでいます。

(先輩からのアドバイス)
「自分の思(si)いを発表できたことが、一(yi)歩を踏み出せないでいた私(si)のターニングポイントとなり、一(yi)般社(she)団法(fa)人日本バストケア協会の設立につながりました。支え合い相談できる仲間や、アドバイスをいただける女性起(qi)業家の先輩(bei)方(fang)に出会える機会をぜひ活かしてください」

戻(li)る