ピンボールSTとは?

仙田 忍

ママが資金5万円で開業。
抱っこひも収納カバーで
世界進出を狙う

株式会社 ルカコ:大阪府

ママの困りごとを解決し、ママの雇用も生み出す新たなビジネスモデル

いまや育児グッズとして欠かせない抱っこひも。でも、使わないときは「だらーん」となるし、持ち運びにかさばる。そんな悩みを解決(jue)しようと、「抱っこひも収納(na)カバー」を自らつくった仙田さん。ブログで紹(shao)介すると、子育て中のママたちから「私もつくって」と大反(fan)響(xiang)。それならばと、お小遣(qian)い5万(wan)円(yuan)で開業し、生地(di)を買って製作にとりかかりました。趣味(wei)だったカメラとパソコンの特技を生かしてホームページを作成し、ネット販売(mai)(mai)。すると、あっという間に口コミで広がり、メジャー女性(xing)誌にも紹(shao)介されて、半年でひと月の売(mai)(mai)上げが100万(wan)円(yuan)を突(tu)破します。「一人でつくるのはもう無理! となって、主(zhu)婦のパート募(mu)集をしたら70人もの応募(mu)が。全員と面談して30名(ming)を採用し、主(zhu)婦が働(dong)きやすい短時間の勤務形態にしました」。ルカとコウ、当時2歳(sui)(sui)と4歳(sui)(sui)の子どもの名(ming)前を合わせた「ルカコ」ブランドの本格的な始動です。

起業(ye)して1年半が経ち収益(yi)が出(chu)始めたころ、何(he)か勉強したいと思っていた仙(xian)田さんは、第1回LEDの応募ちらしを目にします。「決算書の提(ti)出(chu)もなく簡単なエントリーシートを書くだけ。いい商品を広(guang)く知らせたいという想(xiang)いがあったので、応募することにしました」。ファイナリストに選ばれた仙(xian)田さんには、どんな変化があったのでしょうか。「それまでは自分の感覚だけでやっていました。それが、ファイナリストになったとたん、サポーター企業(ye)様をはじめ、大きな事業(ye)に携わる方々と接(jie)する機会(hui)がどんどん増えて、世界が広(guang)がるのを感じました」。

LED後も、経済産(chan)業(ye)(ye)省(sheng)の「はばたく中小(xiao)(xiao)企業(ye)(ye)・小(xiao)(xiao)規(gui)模事業(ye)(ye)者(zhe)300社」に選ばれるなど、事業(ye)(ye)は順調に成長。また、持(chi)ち前(qian)の明(ming)るいキャラクターから、講演依頼なども増えました。「本業(ye)(ye)からはずれてしまう活動(dong)も増えたので、起業(ye)(ye)から3年(nian)目のいま、改めて足元を固めたい思っています。一番大事なのは、お客(ke)様が楽(le)しそうだなと感じ、自分たちも楽(le)しめる会社にすることですから」と話す仙田さん。2017年(nian)3月、「ルカコ」に加え、新(xin)ブランド「ママルカコ」がスタート。ママの困りごとを解(jie)決する「あったらいいな」の新(xin)商品を、マイペースで紹介しています。

(先輩からのアドバイス)
LEDの応募者はコネもなく一個人で起業した人が多く、「熱意がある、おもしろい、応援したいな」と思える女性が選ばれる点が、ほかのコンテストと違うところ。
「私(si)なんか」ではなく、「私(si)はこんなことができる」と言(yan)えば、手(shou)を差(cha)しのべてくれます。自分(fen)の世(shi)界が広がりますよ。

戻る