ピンボールSTとは?

竹内 香予子

元新聞記者がメディアを駆使し、
新しい戦い方で中小メーカーの
新時代を拓く

平安伸銅工業株式会社:大(da)阪(ban)府

事業承継の強みとシナジーが働くプロジェクトに経営資源を集中

「平安伸銅工業」は、突っ張り棒などのアイデアグッズを扱う1952年創業の日用品メーカー。2010年、三代目として異業界から家業に入った竹内さんは、生産効率の優先や製造中心の開発を主流とする現場を前
に、「消費者がワクワクする商(shang)品が必要だ」と改革に乗り出します。まずは、使い手の声を知るために整理収納アドバイザーの資格を取得。つぎに、生活者目線のものづくりができるように社内の女性(xing)スタッフを増やしました。そして2014年(nian)、お片付け情報(bao)に特化(hua)したWebメディア「cataso(カタソ)」を立(li)ち上げ、商(shang)品提供(gong)だけでなく、暮らしに役(yi)立(li)つノウハウを伝えるプロジェクトをスタートします。「メディア運営の実績がないゼロからの『cataso』プロジェクトを、多くの方に知っていただきたいと思ってLEDに応募しました」。

あれから2年半、「cataso」の読者は増(zeng)え、お片(pian)づけ文化を広めることへの賛同(tong)者もできましたが、メディア単独での収益化には、より人的な投資や運(yun)(yun)営資金の投入が迫られました。その一方で、ホームセンター向けの価格競(jing)争の激しい商品でしか勝負(fu)できない現状を打開するため、ものづくりの新しい領域にもチャレンジ。2016年夏に立(li)ち上げた、女性や家(jia)族が楽しめる安全で手軽なDIYパーツブランド「LABRICO」や、2017年春に発(fa)(fa)売(mai)した突(tu)っ張り棒のインテリアブランド「DRAW A LINE」が順(shun)調な売(mai)上げを出しはじめました。「LEDで得たMakuake賞(shang)を利用して、『DRAW A LINE』の照明の発(fa)(fa)売(mai)時にクラウドファンディングを実施。目標金額を達成し、伊勢丹新宿店のポップアップショップに出品したことで、他(ta)店からの引き合いやメディアの取材が増(zeng)えました」。竹内(nei)さんは、メディア運(yun)(yun)営よりも、ものづくり事業に経営資源を集中させる決断をしました。

これからも、お客様に必要とされる商品を開発して、「平安伸銅工業」を広く知られるブランドに成長させたいという竹内さん。「今後は自社ECを発展させたいと思っています。そのためには、自社商品の魅力
を伝えるメディアが必要となるので、『cataso』で得(de)た人脈や経(jing)験を活(huo)かしたい」。選択と集中を経(jing)ながら、継承(cheng)した事業をさらに推進していきます。

(先輩からのアドバイス)
自分のビジネスプランを紙に書いて発表することは、それを実現可能なものに磨き上げるための必要なプロセス。
業種(zhong)や事(shi)業規模(mo)は違(wei)っても、同じような立場のLEDファイナリストとの交(jiao)流(liu)は貴重。皆さんもそこに参加(jia)する一歩(bu)を踏み出してください。

戻る