ピンボールSTとは?

小笠原 恭子

生活困窮者(zhe)の経済的自立・地域活性(xing)システムの構(gou)築・・・地域の特(te)産(chan)を活かした焼菓子開発・販売(mai)

株式会社グランディーユ:大阪府

地域の特産を活かした焼菓子の販売スタート。京都にも拠点を設置。

フランス菓子(zi)教室を開いていた小(xiao)(xiao)笠原(yuan)さんの人(ren)生の転機は、障(zhang)害者の女性(xing)がお菓子(zi)づくりを習いに来(lai)たこと。彼女への接し方やサポートの難しさを痛感した小(xiao)(xiao)笠原(yuan)さんは、大(da)阪市(shi)立大(da)学(xue)の大(da)学(xue)院(yuan)に入学(xue)し、障(zhang)害児・者教育の研究に取り組みます。卒業(ye)後(hou)の2014年3月(yue)に、知的(de)・精神障(zhang)害者、ニート・ひきこもりの雇用拡充を目的(de)とした株(zhu)式会社グランディーユを設立。主軸事(shi)(shi)業(ye)は同年7月(yue)、堺市(shi)にオープンしたカフェの「メゾン・ド・イリゼ」。菓子(zi)づくりや接客マナーを学(xue)んだ障(zhang)害者が働き、健康的(de)なランチとフレンチスイーツを提(ti)供しています。弁当事(shi)(shi)業(ye)の惣菜づくりは複数の作業(ye)所で分担(dan)し、雇用拡大(da)に貢献(xian)。2015年4月(yue)には堺市(shi)から委託を受け、「地域活(huo)動(dong)支援センターぜるこば」を開設しました。

 

LEDに応(ying)募したのは、多くの人に、生きづらさ働きづらさを抱えている生活困窮者の現状(zhuang)を知り、関(guan)心(xin)をもってもらいたかったから。小(xiao)笠原さんは見事(shi)ファイナリストに選ばれ、9社の企業サポートを受けました。「ファイナリストに選んでいただいたからにはカタチにしたい、永続(xu)できる利益を出したい、雇用を拡(kuo)げたい、事(shi)業を拡(kuo)大したいと、たくさんの展(zhan)開(kai)(kai)を考えるようになりました。ゆっくりですが、一つ一つ丁寧に実現化(hua)しています」。小(xiao)笠原さんがLEDでアピールした、地域(yu)の特産を活かした焼菓子(zi)の開(kai)(kai)発・販(fan)売には補助金があり、パッケージデザイン・味・形などに手直(zhi)しを加(jia)えて本格的な販(fan)売を開(kai)(kai)始します。

 

「弊社(she)はただ利益(yi)を出(chu)すだけではなく、そこで働(dong)く彼らのつぎのステップにつなげるための中間的就労の場に近い存在です。働(dong)くなかで楽しみや苦しみを味わい、人間的に魅(mei)力(li)になっていく彼らの活(huo)躍の場を広げるため、2017年秋に京都支店(dian)をオープンします」という小笠原さん。自立した地域生(sheng)活(huo)を支援するために株式会社(she)としての運営にこだわり、福祉制(zhi)度に頼らない障害者雇用を実施。「公的な支援がなく、利益(yi)を上(shang)げていくことは容(rong)易ではありませんが、必(bi)要だと信じてがんばっています」。もっと魅(mei)力(li)的に成長した姿(zi)を見てもらい、多くの企業が追随する雇用モデルとなることが目標(biao)です。

 

(先輩からのアドバイス)

LEDに挑戦して、たくさんの出会いや気づきを得ることができました。自(zi)分(fen)の軸はブレず、さまざまな視点をいただくことで、つぎのステップへ進んでいくことができています。一生に一度の人生を自(zi)分(fen)の思(si)い描く道にするために、ぜひ応(ying)募してください。

戻る