ピンボールSTとは?

川田 道子

子(zi)育てをプラスのキャリアに!母親たちが作る平成の寺子(zi)屋

日本チャレンジ株式会社:京都府

幼児・保護者・地域雇用にとって価値のある「かきかた教室」の運営

大学卒(zu)業(ye)後すぐに結(jie)婚し、専業(ye)主婦として20年にわたる子(zi)育(yu)てと介護(hu)のダブルケアを経(jing)(jing)験した川田(tian)さん。「義母を見送った直後に離婚を言(yan)い渡(du)されたときは40歳。社会人(ren)経(jing)(jing)験ゼロの私(si)は、働きたいのに働けない痛みを知りました」。それでも自分のできることをと模(mo)索し、地(di)元・宇治(zhi)の幼稚(zhi)園(yuan)や保育(yu)園(yuan)で始めたのが、平(ping)成の寺子(zi)屋をコンセプトとする「川田(tian)道子(zi)式かきかた教室」です。これまで約(yue)37,000名の指導実績(ji)を誇る人(ren)気教室となり、平(ping)成2016年10月には、このビジネスモデルを多くの園(yuan)や地(di)域に普及したいと、日(ri)本チャレンジ株式会社を設立しました。

 

幼(you)児(er)期に正(zheng)しい書き方(fang)、正(zheng)しい鉛筆のもち方(fang)を身(shen)につけることは重要で、聞く・書く・読むの国語力はすべての学びの基礎(chu)となり、学習姿勢やコミュニケーション能力も育みます。また、園内で開講することは保護者(zhe)の送迎負担(dan)を軽減し、放課後(hou)も子どもが園にいるという安心(xin)感を与えます。「かきかた教(jiao)室」のさらなるポイントは、午後(hou)の短(duan)時間を活用できる仕(shi)事で、子育て経験がある女性チームに運(yun)営してもらっていること。「チームで運(yun)営すると、子どもの病気などで休むときにカバーしあえるなど、仕(shi)事を継続できるメリットがあります。先生になるための特別な資格はいりません。子育てしてきたことが立(li)派なキャリアになるんです」。このような活動が幼(you)児(er)、保護者(zhe)、地域雇(gu)用にとって価値があると評価され、川田さんはLEDのファイナリストに選ばれました。

 

「母親(qin)たちがつくる平成(cheng)の寺(si)子屋(wu)を通じて、子ども達には自己肯(ken)定感(gan)をもって何事にも積極的にチャレンジしてほしい」という想(xiang)いで名付(fu)けた日本チャレンジ株式会社。教(jiao)室で使(shi)用する、子どもが正(zheng)しいもち方で美しい字がかけるようになる「京都かきかた鉛筆(bi)」(特許取得)や、「はね、はらい、むすび」を楽(le)しく学べるキャラクター教(jiao)材などの開発(fa)にも取り組んでいます。ユーモアに満ちた授業(ye)と、見守り・心に寄り添い・励ます独(du)自の指導(dao)法(fa)で、子ども達の瞳が輝き、表情が明るくなるのを日々実感(gan)しながら、「この1年で着実に体制を整えます」とさらなる一歩を踏み出す川田さんです。

 

(先輩からのアドバイス)

ファイナリストになったことで、「がんばればできる」という自信につながりました。また、出会えた女(nv)性起業家のみなさんからは、よい刺激(ji)をいただいています。みなさんも挑戦(zhan)する気持ちを忘れないで、チャレンジあるのみ!

戻る