ピンボールSTとは?

新田 昌恵

誰もが住みたくなるまちをつくる「摂津まるごとプロジェクト」

NPO法人摂津まるごとプロジェクト:大阪府

夢も暮らしも仕事も地域で創る、わくわく地域プロジェクト

新田さんが摂津(jin)市に引っ越してきたのは、2010年(nian)12月。地域ぐるみでママも楽しんで子育てできる環境はそこになく、物足りなさを感(gan)じていました。そんなとき、阪急摂津(jin)市駅(yi)前に摂津(jin)市立コミュニティプラザという公共施設ができ、「ここをうまく使えば、人が集(ji)まる場(chang)所になるはず」と直感(gan)。SNSを利用(yong)して「子連れ習い事ママサークル」を立ち上げ、特技やスキルのあるママ達(da)が講座を開催すると大盛況に。会員数が増え、活動(dong)も活発化していたあるとき、「こんなイベントが摂津(jin)市にあったらいいね」というママの井戸端会議から生まれた企画が、「摂津(jin)まるごとマーケット」。冊子を制作(zuo)することで企業(ye)から協賛金を募り、コミュニティプラザを借り切って2013年(nian)に実(shi)現した「摂津(jin)まるごとマーケット」は、地元(yuan)の魅力を発信する市最大級イベントとして年(nian)々成(cheng)長しています。

 

「摂津(jin)(jin)まるごとマーケット」への高まる期待とニーズ。それらに応えつつも、ボランティアに頼った運営の難しさを感(gan)じ始めていた新(xin)田さん。活(huo)動(dong)(dong)を安定して継続させるためにNPO法(fa)(fa)人を設(she)(she)立し、「コミュニティビジネス」という、ボランティアでも完全な営利目的でもない、その中間の位(wei)置づけで地域の課題解決に取り組みたいと考えました。そして、ローカルで地道な活(huo)動(dong)(dong)を多くの人に知ってもらおうとLEDにチャレンジ。人材(cai)の発掘や育成(cheng)を行う「摂津(jin)(jin)まるごと大学(xue)」などを柱にしたNPO法(fa)(fa)人立ち上(shang)げ構想(xiang)が評価されてファイナリストになり、2016年8月に「NPO法(fa)(fa)人摂津(jin)(jin)まるごとプロジェクト」を設(she)(she)立。LEDで得た人脈などを活(huo)かして、つぎつぎに新(xin)事業を立ち上(shang)げることができました。

 

新田(tian)さんのモチベーションの源は、ワクワク感(gan)。「未来に向かって少しずつ前進するプロセスが一番(fan)面白(bai)く、やりがいを感(gan)じます。高い壁、険しい道の向こうにゴールがあると思うとがんばれるんです」。ここ1年(nian)間(jian)(jian)、人材育成に注(zhu)力(li)したことで信(xin)頼できる仲間(jian)(jian)が集まったため、少しは肩の力(li)が抜けそうだとのこと。「全プロジェクトが大きな輪になるにはまだ時間(jian)(jian)がかかりますが、地道に一歩ずつ、人との出会いを大切にしながら進んでいきたい」という新田(tian)さん。子どもたちが「摂(she)津で育って良かった」と誇(kua)りに思えるまちづくりをめざします。

 

(先輩からのアドバイス)

世の中をよりよく変えるアイディアのひらめきは、女性が得意とするところ。その考えを実行に移すことは簡単ではありませんが、一枚(mei)のエントリーシートに書き留めた気持ちが、この先の自(zi)分(fen)を支えてくれるはずです。

戻(li)る