ピンボールSTとは?

平木 安見子

人と人の心を結ぶ ”あおいとり・おもてなしラッピング”を
宝塚から世界へ発(fa)信!

ラッピングアトリエ あおいとりからのおくりもの:兵庫県(xian)

日本が誇るラッピング技術で、商品価値や売上げの向上に貢献する

ちょっとした品も必ず包んで渡(du)してくれる義母(mu)。その心遣いに感動してまねをしてみたら、相手(shou)から想像以(yi)上の笑(xiao)顔がかえってきた。「こんなにも心に響くなんて」と、ラッピングの魅力にはまった平木さんは、リボンを結(jie)ぶ西洋(yang)のラッピングや、日(ri)本独(du)自の贈(zeng)り物文化・武(wu)家礼(li)法折形について学(xue)び始めます。そのわずか1年後にはブログに掲載(zai)した作品が評判となり、地元・宝塚で開(kai)いたアトリエに国内(nei)外からたくさんの受(shou)講生が訪れるように。「日(ri)本の“包み贈(zeng)る文化”は世界(jie)に類をみない素晴らしい技術。包んで贈(zeng)ることを求(qiu)めている人や事業所さんが、とても多いんだと実感しました」。

 

「包(bao)む素材が同じでも、高(gao)い技(ji)術(shu)で包(bao)装すれば商(shang)品(pin)の価(jia)値や品(pin)格(ge)を上げることができる」と確信していた平(ping)木さん。商(shang)品(pin)に付加(jia)価(jia)値をもたらすラッピングの重(zhong)要性(xing)を多くの人(ren)々、特に企業(ye)(ye)経営者や事業(ye)(ye)主(zhu)に知っていただきたいとLEDに応募(mu)しました。応募(mu)締(di)め切りの1週間(jian)前(qian)に、個人(ren)様(yang)向けラッピングをもっと身近にする「おもてなしラッピング®」、企業(ye)(ye)事業(ye)(ye)者様(yang)向けラッピングコンサルティング「差別化ラッピング®」、世界(jie)(jie)高(gao)水準(zhun)の「包(bao)む、結ぶ」を技(ji)術(shu)・文(wen)化・アートで世界(jie)(jie)発信、という3つのサービスに整理。LEDからは、ビジネスプラン発表(biao)前(qian)日までサポートを受け、とても心(xin)強かったそうです。

 

ファイナリストになってから、企業(ye)や団体、学校からの講演依(yi)頼(lai)が増(zeng)えました。また、ヒアリングから希望に沿ったカリキュラムを組み立てて講習を行う商品の「ラッピングデザイン」や、事業(ye)立ち上げから商品に合(he)わせた包装を提(ti)供する「ラッピングコンサルティング」の依(yi)頼(lai)が急増(zeng)。問い合(he)わせのあった事業(ye)所(suo)にはできるだけ出向(xiang)くようにしており、「現場に行ってみると、紙(zhi)の選(xuan)び方(fang)、ヒモの結び方(fang)、作(zuo)業(ye)効率や姿勢すべてに問題(ti)があることが多い。ゼロから見直しをお願(yuan)いされることもありますし、使っている資材を利用したムダのない改善策(ce)もお教えします」。今(jin)後は、日本が誇るラッピング技術や文(wen)化(hua)を各方(fang)面の専門(men)家の力を借りながら、さらに国内外(wai)に発信していきたいと話(hua)す平木さん。広がる活躍の場を楽(le)しみ、一つ一つの要望に心を込(込)めて向(xiang)き合(he)います。

 

(先輩からのアドバイス)

カタチがないサービスでも、具(ju)体的なイメージが描けて、それを言葉(xie)にできれば大丈夫。あふれる想いを拾ってもらえるチャンスがLEDにはあります。私は一(yi)歩踏み出したことで、新しい世界とつながりが、どんどん広がっていくのを実感しています。

戻る