ピンボールSTとは?

中村 真由美

乳がん経験者が作るお洒落をあきらめない乳がん下着(zhe)専門(men)店(dian)

アボワールインターナショナル株式会社:京都府

一人でも多くの乳がん患者に、デザイン・機能・価格に優れたブラを届けたい

「アボワール」は、乳(ru)がん経験者の中村(cun)さんがつくった乳(ru)がん下(xia)着専門店。一般に販売されている術後ブラジャーはほとんどベージュ色で、デザインや機(ji)能性(xing)もイマイチという現状に直面した中村(cun)さん。乳(ru)がんを経験しても、以前のようにキレイでかわいい下(xia)着を身につけたい! 「それじゃあ、自分(fen)でつくるしかない」と、賛同してくれる技術力の高い製造会社を見つけ、乳(ru)がん経験者としてのアイデアを盛り込んだ、おしゃれでラクで機(ji)能的、しかも低価(jia)格のオリジナルブラを開発。本格的に事業(ye)に取り組むため、長年勤めた会社を辞め、2015年10月に「アボワール」を立ち上げました。

 

小さなオフィスで「これからどう展開していこうか」と考えていたときに、友人に背(bei)中を押されて応募したLEDでファイナリストに選(xuan)ばれた中村さん。「事業経験もなく、プレゼンの心構えもない荒(huang)削りな私をサポートしてくださったLEDのおかげです」。それから1年半が経ったいま、状況は大(da)きく変化(hua)(hua)。2017年2月に法人化(hua)(hua)して、3月に新商品を発売。目抜き通り沿いのオフィスビルに引っ越し、人も雇い始(shi)めました。新商品は、女性の乳(ru)腺外(wai)科医・乳(ru)がん認定(ding)看護師らと時(shi)間をかけて開発した「ラクで、心地よく、気(qi)持ちの上がる」術後用ブラジャーです。

 

「新商品が発売にいたるまでは苦悩(nao)の日(ri)々。だけど、妥協しなくて本当に良かった」という中村さん。胸やわきの傷(shang)に優(you)しい縫い目(mu)や感触を重視。スナップを止めた状態で下からも上からも着(zhe)脱可(ke)能(neng)。少しでも気持(chi)ちが明(ming)るくなるようにと、ボーダーや花柄も揃えました。「落ち込んでいるなかで、『こんなの待ってました!』と喜んでくださるのが一(yi)(yi)番(fan)うれしい」。全(quan)国各地の病院(yuan)に新商品のサンプルやパンフレットを送(song)(song)付したところ、直接(jie)連絡をいただいて医療者(zhe)(zhe)向け勉強会や、患者(zhe)(zhe)向け相(xiang)談会も開くように。「術後ブラはみなさん試着(zhe)して買いたいはず。国内(nei)ならどんなに遠くても、こちらの送(song)(song)料もちで試着(zhe)していただけます」と、きめ細やかな対応や、一(yi)(yi)人ひとりに寄り添ったサービスを心(xin)がけます。「日(ri)本の隅々まで、一(yi)(yi)人でも多くの方にアボワールの商品を届けたい」という熱い想(xiang)いを込めて。 

 

(先輩からのアドバイス)

やりたいことがあるなら、あきらめずに前(qian)へ進(jin)まないと扉(fei)は開(kai)かないし、何(he)かに挑戦しないと課(ke)題(ti)は見えてきません。LEDに応募しようと決(jue)心することが、あなたの大きなパワーになるはずです。私は無理(li)と言(yan)わず、ぜひトライしてください。

 

戻(li)る