ピンボールSTとは?

水木 ユキ

京都の職人技(ji)をデザインとITで発(fa)信する!

株式会社TIME and DESIGN:京都府

職人技を世界に発信し、ものづくりが存続できる仕組みをつくりたい

京都(dou)(dou)市立芸術大(da)学(xue)でプロダクトデザインを学(xue)び、得(de)意の英(ying)語(yu)力も活かして、日本(ben)とアメリカの大(da)手自動車メーカーのデザイン部門に10年(nian)以(yi)上勤めた水木(mu)(mu)さん。その後、東(dong)京で会社員をしていたときに、「伝統工芸に関わる日本(ben)の職(zhi)(zhi)人(ren)(ren)技を、世(shi)界中の人(ren)(ren)に見てもらいたい!」という想いを募らせます。かつては、「退(tui)屈な京都(dou)(dou)を出て、海(hai)外(wai)でバリバリ働きたい」と思(si)っていた水木(mu)(mu)さんですが、仕事や旅行(xing)でたびたび海(hai)外(wai)へ行(xing)くうちに、京都(dou)(dou)のまちや、伝統工芸のものづくりの素晴(qing)らしさに魅(mei)せられるように。特に、親戚(qi)の100年(nian)続く染物屋(wu)の職(zhi)(zhi)人(ren)(ren)技に触(chu)れたときは、「こんなにすごい職(zhi)(zhi)人(ren)(ren)さんが身近にいたなんて」と衝撃(ji)を受(shou)けました。日本(ben)全国の工房(fang)や職(zhi)(zhi)人(ren)(ren)技を見て歩(bu)くことで、経営不振や職(zhi)(zhi)人(ren)(ren)不足といった業界の問(wen)題にも直(zhi)面。「素晴(qing)らしい職(zhi)(zhi)人(ren)(ren)技を世(shi)界に発信し、商品が売れて儲かる仕組(zu)みをつくれば、廃(fei)業するところも少なくなるのではないか」と考えるようになりました。

 

そんな水木さんの転機は、LEDのファイナリストになったこと。第(di)2期最多(duo)、12社のサポーター賞を受(shou)賞。さまざまなアドバイスを受(shou)け、職人技を動画にして発信することに着目します。2016年(nian)12月(yue)に、スマホで自(zi)作CMが気軽につくれる動画アプリ「WAZAPTURE(ワザプチャー)」をリリース。2017年(nian)には、株式会社TIME and DESIGNを立ち上げました。目標は、地元京都(dou)の伝統工芸(yun)の職人技に世界の注目を向け、ものづくりが存続できる仕組みをつくること。「マーケットを日本から世界へと広げることで存続の可能性が高まります。また、それらの技術を残(can)すことは、日本の文化を残(can)すことになると思うんです」。

 

現(xian)在は、京都市内だけで約500人の職(zhi)人さんとつながりができ、伝統(tong)を継承(cheng)しながらも試みる、新商品開発のデザインや相(xiang)談の依頼が多いという水木さん。「開発費をためて、動(dong)(dong)画(hua)アプリのバーションアップをしたいと思(si)っています」。2018年には、「WAZAPTURE」で作成した職(zhi)人技の動(dong)(dong)画(hua)を世界に発信する「WAZA SQUARE」を、クリエイター向(xiang)けの動(dong)(dong)画(hua)共有サイトや、ビジネスに特化したSNSに立ち上げる予定(ding)。今後もイベントや講演などを積極的(de)に行ない、「WAZAPTURE」の使(shi)い方や必要(yao)性を広めていきます。

 

(先輩からのアドバイス)

私は会(hui)社員のときにLEDに応募し、ファイナリストに選(xuan)ばれたことで自(zi)信がつきました。事(shi)業実績のない人(ren)にも、この機会(hui)をぜひ活かしてほしいと思います。京都に拠点をおくファイナリスト同士で交流を深めるなど、仲間ができることはとても心強いですよ。

戻る