ピンボールSTとは?

栗本 恭子

ママが「働く」を学ぶ「コミュニティカレッジ」を中心とした地域活性化(hua)事(shi)業

株式会社Women's Future Center:奈良県

女性の起業や就業を支援する「コミュニティカレッジ」を奈良で実施

10年以上子(zi)育(yu)て支援(yuan)のボランティアに携わり、ママ達のネットワークづくりをライフワークにする栗本さん。ママたちが集まって励(li)まし合いながらスキルアップし、互いの子(zi)育(yu)てと仕事を応(ying)援(yuan)する「Women’s Future Center(WFC)」を2014年4月に設立。ママ達が「働く」を学(xue)ぶコミュニティカレッジ事業(ye)として、「子(zi)連れOK交流会(hui)」「起業(ye)支援(yuan)講座(zuo)」「スキルアップ講座(zuo)」などを開催(cui)し、女性の起業(ye)や就業(ye)を支援(yuan)しています。「ママ達の自(zi)己肯定感を高めることが、究極の子(zi)育(yu)て支援(yuan)だと考(kao)えています。自(zi)分の能力を活かすことがママの自(zi)信(xin)につながり、ママの気持ちが落ち着(zhe)くと、どんな環境でも子(zi)どもは素直に育(yu)つ。そのためには、WFCのような場所(suo)が必要なんです」。

 

実は、栗(li)本(ben)さんはLEDに2度(du)応募しています。1回目(mu)は自(zi)力(li)で挑戦(zhan)(zhan)して書類選考落(luo)ち。2回目(mu)は奈(nai)良(liang)県商工会連(lian)合などの指導を受(shou)け、差別化できる事業をピックアップして再(zai)挑戦(zhan)(zhan)。「ファイナリストに選ばれたときは、とてもうれしかった。その後は、日本(ben)政策(ce)金融公庫様から女(nv)性起業支(zhi)援(yuan)セミナーのパネラーとして呼んでいただいたご縁で大(da)手新聞社の近(jin)畿面に掲載していただき、それを見(jian)た行(xing)政の方から事業を受(shou)注(zhu)させていただくなど、仕(shi)事の幅(fu)がものすごく広がりました」。ソーシャルビジネスでありながら、行(xing)政との連(lian)携は難(nan)しいと思っていた栗(li)本(ben)さんですが、LEDをきっかけに奈(nai)良(liang)県商工会連(lian)合会、奈(nai)良(liang)女(nv)子(zi)大(da)学、日本(ben)政策(ce)金庫に民(min)間として働きかけ、奈(nai)良(liang)の女(nv)性起業家(jia)ネットワークづくりも実現しました。

 

奈良県には優れた企業がたくさんありますが、情報(bao)発信(xin)が苦(ku)手だったり、ITに弱かったりして売(mai)上(shang)げが伸びていないところもあるとのこと。「これからは、地元の企業や商(shang)店と柔軟な働き方をしたい女(nv)(nv)性(xing)をコーディネートし、女(nv)(nv)性(xing)の感性(xing)やセンスで売(mai)上(shang)げアップに貢献できるネットワークをつくっていきたい」という栗本さん。子どもの成長や家族の環境によって女(nv)(nv)性(xing)の働くスタイルは大きく変わりますが、「ひとりではできないことも、グループで助けあうと実現できる仕事がある」と、時間をかけて女(nv)(nv)性(xing)一人ひとりに寄り添い、ともに壁を乗(cheng)り越える生きた支援をめざしています。

 

(先輩からのアドバイス)

LEDは一見、華やかに見えるかもしれませんが、地に足をつけて事業に取り組みたいという人(ren)にどんどん応募してほしいです。応募者には、大阪産業創造館でビジネスプランの無料(liao)ブラッシュアップが受けられるなどの特典もありますよ。

戻る