ピンボールSTとは?

光畑 浩美

5秒で世界が広がる らくらくピアノ術

一般社団法人 全日本らくらくピアノ協会:大阪府

生きがいにつながる音楽の提供で、超高齢社会に貢献する

「気軽に」「喜びのなかで」「集(ji)いながら」わかちあえる音楽(le)を通して、超高齢社会(hui)に貢献したいと光(guang)畑さんが考案したのが「らくらくピアノ®」。音階を指(zhi)番号に置き換えることで、楽(le)譜が読めなくても、ピアノ未経(jing)験でも、初日から両手(shou)で演奏できるという画(hua)期的なメソッドです。このメソッドに弾ける喜びをもたらすグレード認(ren)定と、オリジナル講(jiang)師(shi)認(ren)定制度を採用した「中高年のためのピアノ教室」は全国に広がり、受講(jiang)生(sheng)は約4,000名(ming)、認(ren)定講(jiang)師(shi)は約820名(ming)におよびます。また、手(shou)の指(zhi)・舌・口(kou)の運動が脳の大部分を活性化することから、ピアノの弾き語りをヒントにした「Tapness®(タップネス)」も考案。童(tong)謡・唱歌を歌いながら指(zhi)タップ運動をしたり、懐かしい歌謡曲を歌って思い出を語ることで脳を活性化し、認(ren)知(zhi)症(zheng)予防や仲間・健康づくりの手(shou)助けをします。

 

「協会というカタチでは、皆(jie)さんによりよい教材をタイムリーに提供することが困難なため、法人化(hua)を考えていました」という光(guang)畑(tian)さん。LEDのファイナリストに選ばれ、5社のサポート賞(shang)を得(de)たことで、ただちに株式(shi)会社PREMUSEを設立。そして、指で机やひざをタップする数をカウントする「Tapness®アプリ」の開(kai)発に本格的(de)(de)に取り組(zu)み、2017年1月に日(ri)本語・英語で世界同(tong)時公開(kai)。同(tong)年3月に発売(mai)した教材をもとに大(da)(da)阪市立大(da)(da)学との共同(tong)研(yan)究もスタートし、病(bing)院や介護(hu)施設などへの普及をめざします。「長(chang)寿医学の世界的(de)(de)権威(wei)である白(bai)澤卓二先生も、『歌いながら指をタップすることで、脳に最適な刺激を与えるTapness®はいいね』と言ってくださってるんですよ」。

 

2017年9月末(mo)には、『らくらくピアノ – For Kids -』を発売。「メリーさんのひつじ」や「むすんでひらいて」など8カ国以(yi)上の民謡が入(ru)っており、親(qin)子で楽しめて、ピアノ初心(xin)者や中高(gao)年にも適したこの教(jiao)材の海外展開も考えているとのこと。「ファイナリストになった1年半(ban)前と比べると、いまは想像以(yi)上に事(shi)業が具体化しています。大勢(shi)の方のご協力に心(xin)から感謝(xie)しています」と話す光(guang)畑さん。これからも「世界共通の音(yin)楽を生(sheng)(sheng)きる力に!」を合言(yan)葉(xie)に、生(sheng)(sheng)きがいにつながる音(yin)楽をより多くの人々のもとに届けます。

 

(先輩からのアドバイス)

私の好(hao)きな言葉は、「天(tian)空に大(da)きな円を描き、その一片の弧とならん」。大(da)きな志(zhi)をもって、多(duo)くの人とともに歩(bu)めるような事業(ye)をめざしてください。LEDをきっかけに、たくさんの出会いやつながりを得ることができます。ぜひこの機会を活(huo)用してください。

戻る