ピンボールSTとは?

森田 優希子

「パンを愛(ai)しすぎてつくってしまった」パンを使(shi)ったインテリア製品(pin)

モリタ製パン所:兵庫県

パンの魅力を再発見できる「ものづくり」を行って、世界に発信する

焼きたての香ばしい匂いや、口にしたときの食(shi)感(gan)を彷彿させる「パンプシェード」は、本物のパンからできたインテリアライト。芸術大学時代(dai)の森田(tian)さんは、アルバイト先のパン屋で「おいしくて、可愛くて、幸(xing)せな気持ちになる」パンの魅力にはまります。廃棄になるパンをもらって帰って食(shi)べるだけでなく、あらゆる角度から研究(jiu)。そんなある日、「大学でパンをくり抜いていたら陽が差し込み、パンが光(guang)って見えたんです。そこで、ライトを入れたらどうなるんだろうと思って」。夢中で作業(ye)を続け、完成したのがパンプシェード第1号。大学卒業(ye)後は、メーカーで企画開(kai)発(fa)・デザインの仕事に携わる一(yi)方、週末(mo)にパンプシェードを開(kai)発(fa)する日々を送ります。そして2016年、「モリタ製パン所」と掲げたアトリエを神戸・元(yuan)町に構えました。

LEDへの応募は、「ビジネスについて知りたかったから。ビジネスに精通する人たちと交流できるというイメージがありました」。ビジネスプラン発表では、経営者(zhe)(zhe)として自(zi)分の商品(pin)をプレゼンテーションするという機会(hui)を得ました。「展示会(hui)などもビジネスの場。スムーズに商品(pin)の説明ができるようになって商談もまとまりやすくなった」とのこと。また、メンターやサポート企業(ye)、ファイナリストとの交流から、自(zi)分の規模(mo)にあったビジネス展開(kai)の方法も学びました。何より、LEDをきっかけに大(da)きく変化したことは、「経営者(zhe)(zhe)としての自(zi)覚(jue)が生(sheng)まれ、多角的な目(mu)線(xian)で経営を考えられるようになった」ことだそうです。

「事業(ye)拡大(da)を見据え、思い切(qie)ってアシスタントを4名(ming)雇(gu)ったら、製作(zuo)がうまくまわるようになりました」という森田さん。商品の取(qu)扱店も増(zeng)えて全(quan)国に広がり、東京の老(lao)舗ベーカリーとコラボした新作(zuo)パンプシェードの発表などにもチャレンジしています。近(jin)い目標は、海外販路(lu)の拡大(da)。「国内の展示(shi)会では、パンに親(qin)しみのある国はもちろん、アジア圏からもよい反応をいただいています。海外の展示(shi)会にもっていくが楽(le)しみ」。大(da)きな目標は、「パンの魅力を再発見できるようなものづくりをしていきたい。パン好きの人(ren)を増(zeng)やせるようなことができたらいい」と、パンを愛してやまない森田さんです。

(先輩からのアドバイス)
ファイナリストになってどんな出会いがあるかは、お楽しみ。私は想像の範囲を超える、何かがあるような気がします。
 ファイナリスト同(tong)士で情(qing)報交換(huan)をしたり、それぞれの規模(mo)にあったビジネス展開のアドバイスをいただけるチャンスです。

戻る