ピンボールSTとは?

中村 美保

不登校(xiao)・障がいがある子どもたちのための就労(lao)支援プログラム

株式会社ファースト・ペングイン:大阪(ban)府

「児童発達支援・放課後デイサービス」で、子どもの個性と可能性を伸ばす

「療育(yu)(yu)」とは、障(zhang)害のある子どもが社会的に自(zi)立(li)できるように取り組む治療と教(jiao)育(yu)(yu)。専門(men)家(jia)チームが教(jiao)育(yu)(yu)支援(yuan)(yuan)プログラムを通して一人ひとりの才(cai)能を引き出し、日常生活(huo)の適(shi)応能力を高め、就労や進(jin)学(xue)(xue)の実(shi)現をめざします。中(zhong)村さんは、子ども向けの私塾を20年以(yi)上経(jing)営。胎教(jiao)や幼児教(jiao)育(yu)(yu)、特(te)別支援(yuan)(yuan)教(jiao)育(yu)(yu)、受(shou)験など幅広く関わるなかで数多くの教(jiao)育(yu)(yu)支援(yuan)(yuan)プログラムを得ますが、一方で、いつまでも学(xue)(xue)校の一律教(jiao)育(yu)(yu)に馴染(ran)めない多くの子どもたちを目(mu)の当たりにしてきました。そこで、受(shou)給者証をもつ0歳(sui)(sui)~18歳(sui)(sui)の子どもを対(dui)象にした「児童発達支援(yuan)(yuan)・放課後デイサービス」を運営。「国の認可を受(shou)けるデイサービスなら、安価(jia)で多くの子どもやその家(jia)族を支援(yuan)(yuan)できると考えたんです」。

「児(er)童発(fa)達支援・放(fang)課後デイサービス」へのニーズの高さは実感するものの、情報(bao)を得(de)られない人が多いと感じていたときにLEDを知り、「これにチャレンジすれば夢が叶うとピンときた」と話(hua)す中村さん。LEDをきっかけに、事業化促進(jin)支援事業やコンテストに応(ying)募しないかと声をかけてもらうことが多くなりました。ビジネスプラン発(fa)表のときは、中学(xue)生の息子(zi)さん、高校生の娘さんと一緒にレッドカーペットを歩(bu)きました。「なにかと多忙な母(mu)親(qin)だと漠然と思っていたようです。子(zi)どもが熱を出しても仕事に行くような(笑)。でも私のプレゼンを聞(wen)いて、自分が産(chan)(chan)んだ子(zi)も、産(chan)(chan)んでない子(zi)も、どちらも愛おしい存在だと思っていることが伝わったようです」。

今後(hou)(hou)は、各地(di)に「児(er)童発(fa)達支(zhi)援・放課後(hou)(hou)等デイサービス」を開(kai)設(she)し、子どもたちの経済的自立と地(di)域のつながりを促(cu)すモデルケースの全国展開(kai)をめざします。そのためには、後(hou)(hou)継者の育(yu)成も欠かせません。多くの理(li)解と支(zhi)援を求(qiu)め、受(shou)け手(shou)側のニーズに合う教育(yu)の選択があることを発(fa)信するために、インターネットラジオ「みぽりん先生(sheng)の『ピンときてポン』」のパーソナリティも務める中村さん。ペンギンの群れから、仲間を救(jiu)うために魚を求(qiu)めて大海原に最初に飛びこむ勇敢な1羽のペンギン、社名の「ファースト・ペングイン」のように、今日も子どもたちの可(ke)能(neng)性を信じて果敢に挑戦し続(xu)けます。

(先輩からのアドバイス)
私はLEDに挑戦(zhan)したことで、事業(ye)化促進支援事業(ye)やコンテストなどに応募(mu)する機(ji)会を得、着実に夢(meng)を前進させることができています。分野、年齢、起業(ye)経験を問(wen)わずに挑戦(zhan)できるところがLEDの魅力。「ピン!」ときたら即行動することをおすすめします。

戻る