ピンボールSTとは?

玉川 有希

ジャパニーズリラックス下着の
製造と販売を核としたファブレス事業モデル

株式会社Je marche librement:兵(bing)庫(ku)県(xian)

上質で快適な「ふんどしランジェリー」で、たくさんの人を幸せにしたい

いま、「ふんどしランジェリー」が人(ren)気を集めています。ゴムでそけい部(足の付け根(gen))を締(di)め付けないから、血液やリンパの流れが良くなり、メンタル面にもよい効果(guo)があるとのこと。玉川さん自身が「ふんどしランジェリー」に出会(hui)ったことで、冷えから解(jie)放され、お尻がつるつるになり、生理が軽(qing)くなるという変化を体(ti)験。「身体(ti)に気を遣いたいけど、オシャレもしたい」ということで、履いても干してもいい、で可(ke)愛いデザインを考案しました。素材には、赤ちゃんの肌(ji)着(zhe)に使うダブルガーゼや、播州織(zhi)のオーガニックコットン、日本製シルクなどを使い、手(shou)仕事で一枚(mei)一枚(mei)丁寧につくられています。

「ふんどしランジェリー」は口コミで広がり、ネット販売(mai)も好調。その一方で、シングルマザーで小(xiao)さな子どもがいる玉川(chuan)さんは、「遅い時間(jian)(jian)帯や、仕事などで海外(wai)へ行ったときに、自分がいなくても仕事がまわるようにしたい」と強く思(si)うように。そこで、仕事を頼める人(ren)を少しずつ見つけていったのが、ファブレス事業(ye)(ye)(工場をもたず外(wai)注だけの製作(zuo))の始まり。「もともと起業(ye)(ye)しようとは思(si)ってなかったんですが、商(shang)品を欲しいという人(ren)が増(zeng)え、神戸(hu)セレクションに選(xuan)ばれたことをきっかけに法人(ren)化。いつのまにかスタッフが増(zeng)え、ビジネスモデルができていた」と話す自然体の玉川(chuan)さん。現在、スタッフは主婦(fu)を含めた約(yue)20人(ren)で、短時間(jian)(jian)で終わるように、商(shang)品企画・製造・サイト運営(ying)などそれぞれの仕事を細分化しています。

「私のファブレス事業モデルを知(zhi)ってもらい、多くの人(ren)に自分の夢を実(shi)現してほしい」と思ったことが、LED応募のきっかけでした。ファイナリストになったことで、「何がしたいのか」「どう進みたいのか」が明確になり、意識が変わったという玉(yu)川さん。現在(zai)は、サイバーエージェント賞(shang)を利用して、クラウドファンディングのmakuakeに出品(pin)することを企画中。また、近(jin)い将来には、海外での販売を実(shi)現させたいと意気込んでいます。「最高級の素材をふんだんに使い、すべて外注にして大(da)丈(zhang)夫(fu)? と言われますが、商品(pin)の良さがわかっていただけているから売上げが伸びている。それに関わって働く人(ren)が増え、その周りもうるおって幸せになれば最高です」。

(先輩からのアドバイス)
LEDのファイナリストになることは目的ではなく、そこからがスタートです。ファイナリストになったらどうしたいのか、自分の考えやビジョンを明確にしておくと、その後の展開スピードが違います。
これは、ちょっとのんびりしすぎた私の反省(sheng)点です。

戻(li)る