ピンボールSTとは?

中村 朱美

「小さな町の定(ding)食屋」から広がる、飲食店の働(dong)き方革命(ming)!

株式会社minitts:京都府

「早く帰れて楽しく働ける飲食店」を実現した100食限定の仕組み

「早(zao)く帰れて楽しく働ける飲食(shi)(shi)店がしたい」。夫(fu)がつくるステーキ丼のおいしさに惚れ込み、「国産牛(niu)ステーキ丼専門店 佰食(shi)(shi)屋」を2012年に開業した中(zhong)村(cun)さん。夫(fu)婦で思い描いた理想のお店を実(shi)現する仕(shi)組みを考(kao)案(an)して実(shi)行する、二児の母です。現在、3店舗まで増(zeng)えた「100食(shi)(shi)限定」を打ち出すお店は、ほぼ毎日(ri)ランチで完(wan)売(mai)。後片付けと翌日(ri)の準(zhun)備が終了すれば、午後6時(shi)に全員(yuan)で帰宅します。この働き方によって、子(zi)育(yu)て中(zhong)の女性やシングルマザー、障がいのある人(ren)(ren)、介護を担(dan)う人(ren)(ren)などの雇用促進(jin)につながりました。「100食(shi)(shi)を売(mai)り切ると決めているので、忙しいほうが早(zao)く帰れて楽しい。従業員(yuan)から、そういう気(qi)持(chi)ちを引き出したかったんです」。がんばった成果が自分に返ってきた、ともに営(ying)業マンだった2人(ren)(ren)の経(jing)験が生(sheng)きています。

LEDのファイナリストになった後、集中(zhong)的に取材を受けるようになったという中(zhong)村さん。「これまでは料理(li)を紹介するテレビ番組や雑誌の取材が多かったんですが、LEDが終わってからは、働き方に注目した取材が圧(ya)倒的に増えました。Yahooニュースでは、食(shi)材ロスがないことも取り上げていただいた」。そして、ファイナリストになった一番の成果(guo)は、自(zi)分自(zi)身(shen)の成長と話します。「レッドカーペットのある大舞台に立ち、約(yue)400名の前で発表することになって、自(zi)分を見(jian)つめ直し、事業を具体(ti)化(hua)して考えるという作業を積み重(zhong)ねました。肩(jian)書きは社長でも店長の意識しかなかった私(si)が、LEDが終わって、ようやく経営(ying)者になれたと思えたんです」。

「私(si)たちが今(jin)後(hou)やっていかなければならないのは、いまの従業員(yuan)の生(sheng)活を守ること。だから、事業拡(kuo)大には非常に慎重(zhong)です」と明快な中(zhong)村さん。本(ben)当にやりたいことなのかを見(jian)極めて、夫婦が信じた道(dao)を進んでいこうと考えています。「100食限定(ding)のプランも、初めは周りからとても反対され、中(zhong)小(xiao)企業診断(duan)士(shi)や税理士(shi)の先生(sheng)からこてんぱんに言われました。でも、成功すると信じてここまでこれたので、今(jin)後(hou)も自分たちの営業マンとしての感覚や野生(sheng)の勘を大事にしていきたい」。中(zhong)村さんのめざす道(dao)は、まだまだ始まったばかりです。

(先輩からのアドバイス)
「中村さんは事業も成功しているし、ファイナリストになって当然」のようなことをよく言(yan)われますが、小さな飲食店の店長だった私が、LEDに応(ying)募することで成長できたんです。目の前にあるチャンスを逃(tao)さず、失敗してもいいという気(qi)持ちで、まずはチャレンジです。

戻る