ピンボールSTとは?

桂田 佳代子

地域と外国人観光客をつなげる「IoTおもてなしサービス」

京なかGOZAN:京都(dou)府(fu)

インターネットなしでスマホに店舗情報が配信できる誘客サービス

桂田さんが代(dai)表を務める「京なかGOZAN」は、京都の中(zhong)小IT企(qi)業(ye)7社(she)が協(xie)働してBtoBやBtoCサービスを提供(gong)する組(zu)織。大手IT企(qi)業(ye)の派遣か下(xia)請けという立場が多い中(zhong)小IT企(qi)業(ye)の現状に危機感をもち、ユーザーの課題(ti)(ti)と課題(ti)(ti)をマッチングさせてITで解決し、地元に貢献することを目指しています。

桂田さんがこれから立ち上げるのは「KoI(こい)サービス」。Kyoto omotenashi for Inboundの略称で、発(fa)信(xin)器(qi)とスマートフォンを使い、「外(wai)国人(ren)(ren)観(guan)光(guang)客(ke)」と「こんなお客(ke)様に来(lai)てほしいと望む店舗」を結びつけるサービスです。仕組みは、発(fa)信(xin)器(qi)を店舗や宿(su)泊(bo)施設(she)、観(guan)光(guang)・交通(tong)要所(suo)などに設(she)置して、アプリに事前入力された項目からターゲット層(ceng)にあたる外(wai)国人(ren)(ren)観(guan)光(guang)客(ke)にクーポンや店舗PRなどを自動配信(xin)するもの。発(fa)信(xin)器(qi)の設(she)置は無料(liao)で、情報(bao)(bao)配信(xin)できたら利用料(liao)を支払うシステムです。「例えば、いまならすぐに忍(ren)者(zhe)体験ができますよ、というリアルな情報(bao)(bao)も発(fa)信(xin)できます。外(wai)国人(ren)(ren)観(guan)光(guang)客(ke)に特化しているのは、インターネットがつながらない環境でも興味のある店舗情報(bao)(bao)を得たい、発(fa)信(xin)したいという双方の課題を解(jie)決(jue)するため」。アプリ告(gao)知(zhi)は宿(su)泊(bo)施設(she)6000室で行い、タクシーや空港リムジンバス会社(she)にも告(gao)知(zhi)の協(xie)力を依(yi)頼(lai)しています。

ビジネスプラン発表(biao)会では「妄想(xiang)(xiang)レベルのざっくりした内容」で、想(xiang)(xiang)いだけを伝えたという桂田さん。ファイナリストになった現在(zai)は、サポート企(qi)業(ye)(ye)様などから資金調達のフォロー、無料試験サービスの協力店や宿(su)泊施(shi)設の紹介、今後の事(shi)業(ye)(ye)展開を見据(ju)えたアドバイスをいただいているとのこと。マーケティングや事(shi)業(ye)(ye)の実現に1年(nian)(nian)かかる計画が数ヵ月(yue)に短縮(suo)され、2018年(nian)(nian)春には収益サービスとしてスタートさせる予(yu)定です。「ファイナリストになって、私自(zi)身というより、周りの評(ping)(ping)価が変わったと思(si)います。こんな賞をとっている人なんだということで、営業(ye)(ye)先(xian)でも話しやすくなった。地域(yu)密(mi)着型でこれまでやってきたことも評(ping)(ping)価してくださり、この事(shi)業(ye)(ye)に自(zi)信をもっていいんだと思(si)えるようになりました」。まずは京都市内を中心から始める「KoI(こい)サービス」。つぎは関(guan)西、そして全国(guo)展開も視野に入れています。

(先輩からのアドバイス)
「迷ってる方には、まず応募することをおすすめします。ビジネスプランをエントリーシート1枚(mei)にまとめる作(zuo)業のなかで事業の見(jian)直しができ、プレゼンで受(shou)けた質問に気づきがあるなど得(de)るものが多(duo)い。強い想いを抱(bao)いてキラキラした、ほかの参加者からも刺激を受(shou)けますよ」

戻る