ピンボールSTとは?

高橋 梨恵

「ママの『欲しい』の声からものづくりを始める商品開発システム」

pomochi:兵庫県

抱っこひもに装着することに特化した、新しいスタイルのマザーズバッグ

「東急ハンズ新宿店の1ヵ月(yue)限定(ding)販(fan)売(mai)で完売(mai)しました」と、初の実店舗販(fan)売(mai)に手応えを感じているのは、pomochi(ポモチ)の店長、高(gao)橋(qiao)さん。「赤ちゃんと手ぶらでラクにおでかけ」をコンセプトに開(kai)発された抱(bao)っこひもリュックが、ママの「欲しい!」に響いているようです。抱(bao)っこひもで赤ちゃんとお出かけすると、「肩に掛けたバッグから財布(bu)や荷(he)物(wu)が取(qu)り出しにくい」「買(mai)い物(wu)袋が増えたら両手がふさがって危(wei)ない」「両手がふさがると上の子の手をつないであげられない」。そんなママの悩みを解消してくれるのは、育児(er)中の高(gao)橋(qiao)さんが自(zi)分のためにつくった抱(bao)っこリュック。抱(bao)っこひもに引っかけるだけでマザーズバッグに変身(shen)します。pomochiはブログやSNS、雑(za)誌で注(zhu)目(mu)され、2年間のネット直販(fan)で700個を販(fan)売(mai)する人気商品になりました。実家を改装した作(zuo)業(ye)場での製造に加えて、カバンメーカーへの業(ye)務(wu)委託も始まっています。

日頃から「ひょうご産業(ye)活(huo)性化センター」へ経(jing)営相談に通っていた高橋さんは、そこでLEDへの応募(mu)を勧められます。「私にはまだ早いと思ったんですが、エントリー前に神戸で行われたLEDアカデミーにも参(can)加して、応募(mu)してみようと思いました」。ファイナリスト10人を選ぶプレゼンには悔いのないように挑み、「プレゼンの練習(xi)は私が一番したと思います! 」と言うほど。間際まで暗(an)記して練習(xi)した結果(guo)、見(jian)事ファイナリストになりました。「ひょうご産業(ye)活(huo)性化センターの方々がとても喜(xi)んでくださったので、恩(en)返しができてよかった。また、サポート企(qi)業(ye)様(yang)からWebの先生(sheng)をご紹介(jie)いただき、より注文しやすいサイトを構築中です」。

抱っこひもリュックはきっかけでしかなく、お客様(yang)の「こんなもの欲しいな」をカタチにして、子育てがラクになるお手伝いをすることが高橋さんの本望。子どもの成長とともに、ママの悩みやニーズは日々変化することにも着目しています。「アンケートを投げかけたら、一晩で約100名が返信してくれるお客様(yang)の存(cun)在もpomochiの強(qiang)みで、新商品(pin)開(kai)発(fa)につながっています。でも、事業拡(kuo)大は急ぎません。地に足をつけてpomochiを愛されるブランドに育てていきたいです」。

(先輩からのアドバイス)
過去のファイナリストの皆さんがキラキラして見えたので、私は違うかなと思ったんですが、背中を押していただいて挑戦。死ぬ気で取り組んだプレゼン練習もいい経験になりました(笑)。思い立ったら即行動。
そして、自分の信(xin)念を曲げないことも大事だと思います。

戻る