ピンボールSTとは?

高尾 一美

「世界(jie)の壁をエコフレンドリーで塗(tu)り替(ti)える」

株式会社オプティマス:大(da)阪府

機能性・おしゃれ・持続性をあわせもつ次世代塗料を世界に発信

現在、株式会社(she)オプティマスで代(dai)表取締役を務(wu)(wu)める高尾さんは、高校・大学時代(dai)をアメリカで過(guo)ごし、現地(di)の金融(rong)機関にインターンとして勤務(wu)(wu)。その後、東京(jing)のIT会社(she)に勤めますが、実家からの要請で自社(she)塗(tu)料(liao)の販売会社(she)をタイで立(li)ち上げ、軌道に乗せることに成功します。その間に、堺(jie)市の支援のもと大阪府立(li)大学との連携で、遮熱塗(tu)料(liao)に光(guang)(guang)触媒(mei)を混ぜ合わせた「OPTIMUS(光(guang)(guang)触媒(mei)塗(tu)料(liao))」を開発して特許を取得。OPTIMUSは、内(nei)装に塗(tu)れば室内(nei)の空気をきれいにして温度を保(bao)ち、外(wai)装に塗(tu)れば汚れを浮かせて落とす自浄作(zuo)用がある次世代(dai)塗(tu)料(liao)。高尾さんは帰国して、OPTIMUSのブランディングと拡販に携わることを決意しました。

ビジネスプラン発表(biao)(biao)会(hui)では、「10年で売(mai)上げを50億円にして上場(chang)する」という大きな目(mu)標を掲(jie)げた高尾(wei)さん。発表(biao)(biao)会(hui)後は、目(mu)標に向けて数値化した計画を立てることができ、売(mai)り方(fang)の幅(fu)が広(guang)がったということです。「本社ショールームと東京(jing)オフィスを開設し、認知度(du)アップのためにDIY向けの販売(mai)を始めました。いままでは、塗料だけをゼネコンやハウスメーカーに売(mai)ろうとしていましたが、OPTIMUSスタイルとして私が色を選択し、デザインから入っていく売(mai)り方(fang)を加(jia)えました」。モノの訴求だけでなく優れた機(ji)能をアピールして、OPTIMUSの機(ji)能を必要とする老人(ren)ホームや病院、幼稚園へと、塗装を含めた契約(yue)がつぎつぎと決まっています。

「商談では緊張することがない」という高(gao)尾さんですが、「さまざまな人が見ているなかでのLED関西のプレゼンは、とても緊張しました。自(zi)分の違(wei)う面(mian)を知(zhi)れたし、ファイナリストに選ばれたことで、責任感とスピード感が生まれた」とのこと。また、「サポート企(qi)業様のおかげで、プレゼンの場を増(zeng)やしていただきました」と、感謝も忘れません。10年後(hou)の目標(biao)(biao)達成のために、現在は5年後(hou)の中期計画(hua)の数字の到達を目指して着(zhe)実に動き、OPTIMUSの認知(zhi)度アップをはかっています。「OPTIMUSをグローバルブランドにする」というさらなる目標(biao)(biao)を掲げる高(gao)尾さん。夢に向(xiang)かって邁進する日々を送っています。

(先輩からのアドバイス)
「自(zi)(zi)分の目指すものがビジネスプラン発表会(hui)で認められて自(zi)(zi)信がつき、その後の周りからの期待に度胸がつく。これがLED関西の醍(ti)醐味です。コンテストなんて意味あるの? なんて思っていましたが、挑戦して本(ben)当に良かった。ファイナリストになった自(zi)(zi)分を、ぜひ楽しみにしてください」

戻る