ピンボールSTとは?

赤坂 美保

京都のおかん発
海(hai)外からの子連(lian)れ旅(lv)を更に楽しく!

株式会社たおやかカンパニー:京都

起業のきっかけは?

これまで15年以上様々な企業にて海外事業やM&A、経営企画等に携わっていたところ、2年前にご縁をいただき、大学の観光学科の立ち上げに関わりました。この間、観光の専門家の先生や実務家の方々のお話を伺う中で、観光はまだまだ開拓余地のある宝の山のような業界だと直感し、観光で起業したいな、と思い始めました。
私は8歳と4歳の男子の母でして、次男の育児休暇を取得していた5年前に「ぷちでガチ!育休MBA」という、育休中のママやパパのための赤ちゃん連れで学べるガチなビジネス講座を立ち上げました。今では関西を中心に名古屋や仙台等にも広がり、延べ参加者1,000人以上という規模になったこの活動を同じ子育て中の母親仲間とゼロから立ち上げました。この活動を通じて子育て中の母親のパワーを実感し、母親の力を社会で活かせる事業を行いたいと思うようになりました。
これらの経験より、「観光」と「母親」を掛け合わせてできること、そしてできれば自分の住む京都ならではの事業をしたいと考えました。子供ができてから旅行がかなり変わったという自分自身の経験もあり、「お子様連れの家族の観光の課題を解決し、更に楽しくすること」を目指し、子育て中の母親を中心とする仲間と事業立ち上げを始めました。
それぞれの個性を活かすことでこれまでなかった体験を生(sheng)み出し、京都(dou)を世界1の子連れ観光都(dou)市にしたいと思っています。

LED関西に応募したきっかけは?

お子(zi)様(yang)を扱(xi)うため、立ち上げ間もないベンチャーの私達(da)がいかに「信用」を獲得(de)するかが事(shi)業上の大きな課題(ti)でした。その解決の1つとして、事(shi)業計画(hua)の策定やプレゼンという、企業勤務でずっと経験してきた分野を活かせる「ビジネスプランコンテスト」での入賞(shang)を目(mu)指すことを考えました。そこで「関西圏では最も大きなインパクトのある取り組み」としてLED関西を知人(ren)の経営者より勧められたため応(ying)募しました。

LED関西(xi)ファイナリストになってから

LED関西のファイナリストとして選ばれてから、素晴らしいご縁をいただく機会が桁違いに増えました。今年度、観光庁の「最先端観光コンテンツ インキュベーター事業」として採択されるという大きなチャンスをいただきました。このようなチャンスの土台として、ファイナリストに選ばれたという信用が活きているように思います。
さらに日々、答えのない事業を前進させる中で、落ち込んだ時や困ったときなど気兼ねなく相談できる10人のファイナリスト同士の繋がりがとても大きな財(cai)産(chan)となっています。

LED関西応募を考(kao)えている方へメッセージをお願(yuan)いします!

迷っているなら一(yi)歩踏(ta)み出すことをお勧めします。厳しくも温かいサポートデスクのみなさま始め、専門的な知識や様々な面(mian)で支えてくださる体制はばっちり整っています。自ら動くとチャンスはやってきます!

Kyoto with Kidsのwebサイトはから

戻る