ピンボールSTとは?

飯田 美幸

第(di)三(san)の保(bao)育の形(xing)「見(jian)守り」で、飲食だけでなく保(bao)護者の心のゆとりを提供する

親子カフェ Laugh Rough Laugh:大(da)阪(ban)府(fu)

起業のきっかけは?

子供が生まれ、初めての育(yu)(yu)児をしていく中で育(yu)(yu)児の大変さに驚き、また「こうだったらいいのに」と思(si)う事(shi)が沢山あったことがきっかけでした。 もともとwebデザイナーでフリーランスをしていたので、「起業(ye)(ye)」や「お店(dian)を持つこと」など微塵も考えていなかったのですが、 「子育(yu)(yu)ての大変さって、なんで軽減(jian)出(chu)来ないの?サポートする事(shi)業(ye)(ye)があるべきでは?無いなら作っちゃう?」という想いが日に日に大きくなり、起業(ye)(ye)を決(jue)意(yi)しました。 元々デザイナーであったので、デザインのスキルアップも同時に出(chu)来たらと思(si)い、デザインを食事(shi)やデザートに取(qu)り入れる事(shi)のできる「カフェ」という型にしました。 お店(dian)は場所から何から、ゼロからの出(chu)発でした。お金も相当かかりました。 もちろん迷(mi)いもあった訳ですが、夫(fu)から「家を建(jian)てるお金があったら、お店(dian)3つくらい作れるね。だったらそのほうが面(mian)白(bai)い」という最高なコメントを頂(ding)いたことで、迷(mi)いは無くなりました。  険しい道ですが、自(zi)分をバージョンアップさせるためにも「お店(dian)で起業(ye)(ye)」はやって良かったと思(si)っています。

LED関西(xi)に応募したきっかけは?

関西(xi)の女性で、独立している人(ren)のための登竜(long)門としてのイメージがありました。 お店を始めて3年、バタバタと過ごしてきましたが、このあたりでさらなる飛躍を目(mu)指したいという想いから自(zi)分のビジネスがどの程度評価されるのかが知りたい、という気持ちで応募したのですが、得(de)られたものはそれ以外(wai)にもとても多(duo)かったです。 初めてのビジネスピッチに悪戦苦闘しながら、プレゼン技術の勉強(qiang)、そして起業をする仲間(jian)との濃い時間(jian)が過ごせました。 なにより、ビジネスプランシートやプレゼン資料を何度もリテイクする中で、自(zi)分のビジネスを見(jian)つめなおす事が出来た事が一番大きいです。

LED関西(xi)ファイナリストになってから

「お店」という小さな枠(枠)から飛び出して「事(shi)業(ye)」を考(kao)えられるようになったことが大きいと思います。 サポーター企(qi)業(ye)の皆様にお声をかけていただいたり、ファイナリスト仲(zhong)間(jian)に触(chu)発されたりすることで、感覚が変わっていきました。ビジネスプランについてはまだまだ練らないといけないとは思いますが、大舞台の上で、たくさんの人(ren)たち相手(shou)にプレゼンをする機会なんてそうそう無いので自信と度(du)胸がついたと思います! あとは、子(zi)供に対(dui)して…。子(zi)供はまだ1年生ですが、母親をはじめ、たくさんの女性が起業(ye)をする姿を見せられて良かったなと思います。仕事(shi)って面白いものなんだ。仕事(shi)って自分(fen)で作れるんだ!というのが人(ren)生の先輩として伝(yun)えたい事(shi)の一つなので。

LED関西応募を考(kao)えている方へメッセージ

ぜひぜひ応(ying)募(mu)してみてください! ビジネスプランシートをきっちり書くだけでも、自分のビジネスが整理されるので、応(ying)募(mu)するだけでも価(jia)値があります! 応(ying)募(mu)するときには、サポートデスクに相談する事(shi)を忘れずに! 相談に行く、応(ying)募(mu)する、それだけでもきっと目(mu)の前が開けてきます!

戻る